沿革

沿革

昭和31年2月28日 八戸高等電波学校設置認可。
昭和31年7月27日 学校法人八戸高等電波学校を設立する。
昭和34年4月1日 校名を学校法人八戸電波高等学校(校長に高橋忠三郎就任)に改称する。
昭和36年11月1日 学校設置者を学校法人八戸電波工業高等学校に、校名を八戸電波工業高等学校に改称する。
昭和39年4月1日 普通科を増設する。
昭和42年3月1日 普通課程第1回生が卒業する。
昭和47年1月29日 八戸工業大学設立に伴い、学校設置者を学校法人八戸工業大学に組織変更する。
昭和47年4月1日 八戸工業大学を開学する。
昭和48年3月9日 普通課程校舎第1期工事、鉄筋3階建が竣工、大開校舎と称する。
昭和48年4月1日 大開校舎に普通課程を分離、移転する。(0回生移動、1回生入学)
昭和50年1月15日 第2期工事鉄筋3階建校舎、体育館を竣工する。
昭和50年2月3日 八戸工業大学第二高等学校設置認可。
昭和50年4月1日 白銀校舎を八戸工業大学第一高等学校、大開校舎を八戸工業大学第二高等学校として発足する。
昭和50年4月1日 中木淳教頭以下教諭18名、非常勤2名、事務職員3名、養護婦(兼務)1名が発令される。
昭和50年4月2日 根城正一郎(元青森県立八戸北高等学校長)が初代校長として赴任する。
昭和50年4月9日 第1回入学式151名入学許可。
昭和50年5月24日 父母と教師の会結成、第1回総会を開催する。
昭和51年3月8日 校歌制定、校旗樹立式、第1回卒業証書授与式、卒業生88名。
昭和51年3月8日 同窓会発会式を挙行する。(大陸飯店別館)
昭和51年4月1日 一般進学コース、特別進学コースを設ける。
昭和51年8月14日 第1回同窓会総会を開催する、初代会長に中屋敷貴史が就任する。(八戸パークホテル)
昭和53年5月27日 同窓会東京支部発足式並びに、第1回同窓会東京支部総会を開催、初代支部長に住吉治彦が就任する。(私学会館)
昭和55年4月8日 教養コース、進学コース、特別進学コースを設ける。
昭和55年4月8日 大壁画、油絵「飛翔」除幕式を挙行する。
(油絵変形150号、製作者 森通、寄贈者 青木一男・礼子氏)
昭和55年7月6日 八戸工業大学運動公園完成。
(硬・軟式テニスコート3面、50米プール、脱衣室、野外音楽堂、キャンプ場などを配置)
昭和55年9月27日 二高賛歌制定(作詞 山本太郎、作曲 宍戸睦朗)
昭和56年5月25日 第4回同窓会東京支部総会から、支部の名称を同窓会関東支部に変更する。(私学会館)
昭和58年4月8日 美術コースを設ける。
昭和59年4月6日 北棟校舎増築竣工。
(音楽室、ピアノレッスン室、図書室などを配置)
昭和60年10月15日 第二体育館竣工。
(鉄筋2階建、研修室、柔道場、食堂などを配置)
昭和60年10月22日 創立10周年記念式典を挙行する。(母校第二体育館)
昭和61年8月9日 第11回同窓会総会を開催する、第2代会長に田中泉が就任する。(八戸プラザホテル)
昭和61年10月8日 学校法人八戸工業大学、八戸工業大学第一高等学校創立30周年記念式典を挙行する。
昭和62年2月27日 第1回美術コース作品展を開催する。
昭和63年3月31日 根城正一郎校長が退任する。
昭和63年4月1日 山田静(元青森県立八戸高等学校長)が第2代校長として赴任する。
平成3年7月19日 リッチモンド市立リッチモンド高等学校(カナダ)と姉妹校提携を結び、第1回カナダ英語、研修団として出発。
平成4年5月23日 第15回同窓会関東支部総会を開催する、第2代支部長に高森敏が就任する。(主婦会館)
平成6年9月30日 創立20周年記念式典を挙行する。(母校第二体育館)
平成6年10月1日 同窓会事務局を開設する。
(八戸市類家5-16-30 住吉 治彦宅内)
平成7年3月1日 飛翔OB会同窓会会報を創刊する。
平成7年8月12日 第20回同窓会総会を開催する。(八戸パークホテル)
同窓会設立20周年記念講演会を開催。講師 中里信男八戸市長「八戸の未来像について」(八戸パークホテル)
平成7年10月6日 同窓会設立20周年記念同窓会名簿を発行する。
平成8年8月10日 第21回同窓会総会を開催する、第3代会長に熊谷雄一が就任する。(八戸パークホテル)
平成8年11月6日 山田静校長が八戸功労賞を受賞する。
平成8年11月24日 同窓会インターネットホームページを開設する。
平成9年4月1日 美術コース・情報ビジネスコース・カレッジコースの3コース別に改編
平成10年10月12日 多目的校舎落成。(鉄筋3階建、アトリエ3室、第二コンピューター室、特別教室、工作室などを配置)
平成11年5月23日 同窓会仙台支部発足式並びに、第1回同窓会仙台支部総会を開催、初代支部長に高奥満が就任する。
平成12年8月13日  母校支援「光彩会」発足式、初代会長に熊谷 雄一が就任する。
第25回同窓会の納涼パーティーを開催する。(八戸パークホテル)
平成13年1月1日 同窓会設立25周年記念同窓会名簿を発行する。
平成13年5月26日 第24回同窓会関東支部総会を開催する。第3代支部長に佐藤 猛が就任する。(ホテル聚楽)
平成16年3月9日 第27回定例幹事会総会で、第2代仙台支部長に小野 善一が就任する。(よねくらホテル)
平成16年3月31日 山田 静校長が退任する。
平成16年4月1日 大久保 和兼(前八工大一高校長)が第3代校長として赴任する。
平成17年8月13日 同窓会設立30周年記念講演会を開催する。
講師 坂下 允八戸大使「戦後は未だ終わらない」
第30回同窓会の納涼パーティーを開催する。(八戸パークホテル)
平成17年10月14日 創立30周年記念式典を挙行する。(八戸公会堂)
平成19年3月31日 大久保 和兼校長が退任する。
平成19年4月1日 大島 光子(八工大二高教頭)が第4代校長に就任する。
平成19年5月19日 第30回同窓会関東支部総会を開催する。(ホテル聚楽)
関東支部設立30周年記念ミニコンサートを開催する。
ゲストは、トリオ☆ザ☆ポンチョス、八戸せんべい汁研究所のせんべい汁の振る舞いを行う。
平成20年2月13日 本校学内に同窓会本部事務局を開設。それに伴い八戸市類家の事務局を閉鎖する。
平成20年8月9日 同窓会臨時総会を開催し、大幅に同窓会規約、同窓会内規規約の改正を審議され承認される。
第4代関東支部長に小山 真央が就任する。
第33回同窓会の納涼パーティーを開催する。(八戸パークホテル)
平成24年3月31日 大島 光子校長が退任する。
平成24年4月1日 阿保 民博(副校長)が第5代校長に就任する。
平成27年10月16日 創立40周年記念式典を挙行する。
平成29年3月20日 第41回定例幹事会総会を開催、第4代会長に岩渕義昭が就任する。
平成29年3月31日 阿保 民博校長が退任する。
平成29年4月1日 赤坂 寿(元青森県立八戸高等学校校長)が第6代校長に就任する。
平成30年1月18日 赤坂 寿校長が急逝する。
平成30年3月13日 明石 進が第7代校長に就任する。
平成30年4月6日 附属中学校開校式
第44回高等学校入学式(256名)及び附属中学校入学式(17名)が行われました。
平成30年6月9日 第20回仙台支部同窓会を開催する。(千の庭)
平成30年6月23日 第41回関東支部同窓会を開催する。(お茶の水ホテルジュラク)
平成30年8月11日 第19回光彩会総会を開催する。(八戸パークホテル)
平成30年8月11日 第43回同窓会納涼パーティーを開催する。(八戸パークホテル)
平成31年3月1日 第44回卒業式が行われました。(224名)
平成31年4月6日 第45回高等学校入学式(202名)及び附属中学校入学式(15名)が行われました。